四柱推命占いは迷った時の道しるべ

占いには様々な種類のものがありますが、とかく女性は占い好きな人が多いと思いませんか。

皆さまの中にも占いを経験した人も多いことでしょう。

ここで御紹介するのは四柱推命です。

四柱推命という呼び名は日本独自のもののようですが、そのルーツは中国にあります。

古来中国では政治にも占いが使われてきました。

中国の陰陽五行説というのが日本で言うところの四柱推命と同様の考え方なのです。

現在では四柱推命は東洋だけのものではなく、アメリカやヨーロッパでも幅広く活用されています。

よくプラス思考、マイナス思考などと言われるように、物事には全てプラスとマイナス、即ち陽と陰の力が作用しているのです。

四柱推命で重要な五行というのは、木・火・土・金・水のことです。

この5つの要素がそれぞれの組み合わせによって陽の働きや陰の働きを生み出します。

誰かと一緒に居て気分の落ち着く人も居れば、何だかわからないけれど窮屈に感じる相手も居ますよね。

一緒に居て心地良い人を相性の良い人なんて呼ぶのは、自分と相手の五行が相性良いからなのかも知れません。

このように、対人関係や家族を形成する時、簡単に言えば就職や結婚などのタイミングを計るのに四柱推命は活用されることが多いです。

人間誰しも新しい環境に身を置く時というのは、不安も付きものですし『これで良し』と思える後押しが欲しいですよね。

四柱推命では過去の膨大な数の統計に基づいて出された運勢のバイオリズムを表したものがあります。

これを命式(めいしき)と呼ぶのですが、生年月日から割り出した自分のデータをこの命式に当てはめて占っていきます。

運勢のバイオリズムは年回りがある程度決まっていて、数年サイクルで上昇期と低迷期はやってきます。

ですから、どの人にも運気は良い時もあれば悪い時もあるのです。

ただ、占われる人の心がけ一つで結果は変えられるのです。

ですから、たとえ現在の自分を占ってもらった結果が最悪な時期と出たとしても、悲観することはありません。

人間は、たった一人で生きているわけではないので、あなたの傍でプラスの働きをしてくれる人と交流したり、謙虚な姿勢で奉仕活動に参加したり、世のため人のためになる働きをしていれば運気の低迷期であっても大きな災難なく過ごすことが出来ます。

身近な今日明日の結果の良し悪しではなく、長い人生において勝負をかけたいというような事象をベストなタイミングに導いてくれるような使い方が出来ると占いも最高ですね。

タロットカード占いの歴史

タロットカードというと、すごく神秘的で今では日本でも馴染みのある占いの一つですね。相手の気持ちがわからない時や自分が今後どうしたらいいのか・・・様々な時に、暗く閉ざされた道を明るく照らして導いてくれるような、光のような存在です。
本当に困った時、藁にもすがる思いで占いにたどり着く、タロット占いで少しでも明るくなるきっかけをつかむ、心を軽くしてくれる素晴らしいツールだと思います。
タロットカードは、日本では1970年代~80年代にかけて多数の書籍が出版されたことで、世の中に浸透していきましたが、実際の歴史はどのようなものなのでしょうか?
タロットカードの絵を見ていると、すごく神秘的でかなりの年月をかけて人々に浸透していった歴史ある占いのように感じますが、実際は、そう古くはないようです。世界で一番古いものとして残っているタロットカードは、15世紀前半にイタリアで作られたカードで、はじめはトランプのような、ゲームのツールとして使われていました。ゲームというと今現代のタロットカードとは感覚がだいぶ違いますよね!
タロットを使ったカードゲームは、15世紀末から16世紀にかけて、イタリアからフランス、ドイツ、スイスと各地へ広がっていき、たくさんの人々に親しまれていくことで、徐々に広がっていったようです。
その後、18世紀に、フランスで「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」というタロット占いに関する書物が出版され、その後徐々にタロット占いが広がっていったのではないかといわれています。
実際に、本格的にタロット占いが広まっていくのは19世紀に入ってからです。
また、フランスのオカルティスト、エリファス・レヴィの「高等魔術の教理と祭儀」という書物ではタロットとカバラを本格的に結び付けた内容で、これによって後のタロット占いに大きな影響を与えました。
タロットカードは神秘的で超常現象的でスピリチュアルな、現実社会とは一風違う風に見られますが、日本でブームになった1970年代~80年代ごろ、英米を中心として「ニューエイジ」と呼ばれるスピリチュアル・ムーブメントがありました。そこでタロットカードを占いのツールとして用いる人が急増したようです。
その波に乗って日本でもスピリチュアルな分野に火が付き、タロットの入門書が多数出版されるようになりました。そして今のようにタロットカードが身近なものとして浸透してきたというわけです。

手相占いから判断してもらえることは

占いのジャンルは数多く存在しますが、昔から現在まで中心となり、強い認知度を誇っているものが手相占いです。誰もが一度は自分の手相をじっくりと眺め、テレビ番組等で紹介されている線を探したことがあるのではないでしょうか。手相に関しては様々な関連本も出版されていますが、詳しく鑑定してもらうためには手相占いの専門家のもとを訪れる必要があります。今回は占い師に手相を見てもらう際に、判断してもらえるテーマについてじっくりと解説していきます。

手相からは、将来についての予想に基いた占いだけではなく、現在や過去についての判断も下してもらうことができます。そのため、これまでに歩んできた人生についてズバリと指摘され、その正確性に驚かれる方が非常に多いのです。

手相の基本となるのは生命線、運命線、知能線などです。生命線からは現在や過去、そして将来の健康状態について、運命線からは家庭運や仕事運についてを、知能線からは生まれつき持ち合わせている才能や知能についてを診断することができます。

そういった有名な線以外にも、例えば結婚線では恋愛運や結婚の時期などについて詳しく診断することができますし、財運線や太陽線からは生まれ持っている金運や財運について見てもらうことができます。俗に言うエロ線からは、これまでや将来に関する恋愛の傾向についても客観的に診断してもらえます。

手相占いでは、ただ単純に線の入り方を監視するというだけではなく、手の肉付きや指の形、さらに血色の良さなど様々な情報を加えた上で診断を下します。そのため、占い師によって占ってもらうことにより、インターネットや書籍だけでは導き出せないような細かな診断も下すことが可能であり、なおかつより正確に診断することができるのです。

手相占いは霊感に頼るような占いのスタイルではなく、統計学も取り入れているどちらかと言えば科学的なスタイルの占い方法ですから、理に適っているとして周期的に手相占いを受け続けている方も非常に多くなっています。

手相占いによって導き出される診断結果は、抗うことができずに受け入れなければならない運命を示すものではありません。今後の人生に向けて特に注意しておかなければならない点や、自分自身の健康状態についてなどを第三者の目線から指摘してもらうことができるため、今後起こり得る災厄に対して備えることが可能です。これまで歩んできた人生を整理し、新しい道を歩み始めたいと考えている方にとっても大変適した占いと言えます。

手相占いで結婚運がわかるのか?

結婚運は手相占いでわかるのか?
結婚していなく結婚したい人も、現在結婚している人も、なんとなく気になりますよね。じっと手を見ていると、自分の手相と人の手相、だいぶ線の様子が違って見えます。手相は占いといっても、自分の手のしわを見ることで判断するので、スピリチュアルというよりかなり現実的な分野ですよね。それに、他人と見比べてみると確かに全然違う!他の占いで摩訶不思議な気持ちになった人や違和感を感じた人にとっては、手相占いは見た目でも自分自身納得できるものではないかと思います。
結婚線は、手の小指の下、感情線より上のあたりに出ている横線の状況を見て診断します。
線のある場所で、結婚時期や年齢、どういった状況か、などなどいろいろなことがわかるそうです。
感情線寄りだと早婚、小指寄りだと晩婚だといわれていますが、私の場合だと小指寄りで30代半ばの結婚でしたので、当たっています。
若い頃は薄くて縦線がいっぱい入っていました。その頃は特定の相手もおらず、趣味に明け暮れたり、友達と遊ぶことが多かったですね。それも当たっています。
結構当たるんですよね!なので、私も頻繁に手相を見ることが多いです。昔から。
今現在は違いますが、以前、すごく喧嘩ばかりで結婚生活がつらい時期がありました。顔を合わせるのも嫌なくらいの毎日で、旦那がもっと遅く帰ってきてくれたらなあとか、週末婚くらいでいいのになあとか思っていた時期がありました。
その時はなんと!結婚線が二股になっていました。二股の結婚線は、別居・離婚の相です。それを見たとき、さすがに私もドキドキしました。この気持ちのままだと、本当にそうなってしまうのかしら。そう思いながら日々を過ごしていました。
小さい子供もいるし、そうなってはいけないなあと思いながら、できるだけ子供の話をしたり、イライラするときは少し距離を置いてみたり、友達とランチをして楽しむ時間を持ってみたり、少しずつ努力していきました。
小さい喧嘩は絶えないものの、以前よりはおたがいに少し大人になったかな。そう思えるようになった頃、ふと手相占いのことを思い出して手を見てみると、二股だった結婚線が、まっすぐに戻っていました!びっくりです。この期間、1年ちょっとだと思います。1年ちょっとで、手相ってそんなに変わるものなのですね。
私自身もこういう経験があるので、一度自分の手相をしっかり見てもらうのもいいですよね!そして、気になるところは自分の考え方や方向性を修正するいいきっかけになってくれますよ!