タロットカード占いの歴史

タロットカードというと、すごく神秘的で今では日本でも馴染みのある占いの一つですね。相手の気持ちがわからない時や自分が今後どうしたらいいのか・・・様々な時に、暗く閉ざされた道を明るく照らして導いてくれるような、光のような存在です。
本当に困った時、藁にもすがる思いで占いにたどり着く、タロット占いで少しでも明るくなるきっかけをつかむ、心を軽くしてくれる素晴らしいツールだと思います。
タロットカードは、日本では1970年代~80年代にかけて多数の書籍が出版されたことで、世の中に浸透していきましたが、実際の歴史はどのようなものなのでしょうか?
タロットカードの絵を見ていると、すごく神秘的でかなりの年月をかけて人々に浸透していった歴史ある占いのように感じますが、実際は、そう古くはないようです。世界で一番古いものとして残っているタロットカードは、15世紀前半にイタリアで作られたカードで、はじめはトランプのような、ゲームのツールとして使われていました。ゲームというと今現代のタロットカードとは感覚がだいぶ違いますよね!
タロットを使ったカードゲームは、15世紀末から16世紀にかけて、イタリアからフランス、ドイツ、スイスと各地へ広がっていき、たくさんの人々に親しまれていくことで、徐々に広がっていったようです。
その後、18世紀に、フランスで「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」というタロット占いに関する書物が出版され、その後徐々にタロット占いが広がっていったのではないかといわれています。
実際に、本格的にタロット占いが広まっていくのは19世紀に入ってからです。
また、フランスのオカルティスト、エリファス・レヴィの「高等魔術の教理と祭儀」という書物ではタロットとカバラを本格的に結び付けた内容で、これによって後のタロット占いに大きな影響を与えました。
タロットカードは神秘的で超常現象的でスピリチュアルな、現実社会とは一風違う風に見られますが、日本でブームになった1970年代~80年代ごろ、英米を中心として「ニューエイジ」と呼ばれるスピリチュアル・ムーブメントがありました。そこでタロットカードを占いのツールとして用いる人が急増したようです。
その波に乗って日本でもスピリチュアルな分野に火が付き、タロットの入門書が多数出版されるようになりました。そして今のようにタロットカードが身近なものとして浸透してきたというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です